寵臣(読み)ちょうしん

精選版 日本国語大辞典 「寵臣」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐しん【寵臣】

〘名〙 寵愛している臣下。気に入りのけらい。
文徳実録‐嘉祥三年(850)三月丙午「宗貞。先皇之寵臣也」 〔漢書‐賈誼伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「寵臣」の意味・読み・例文・類語

ちょう‐しん【×寵臣】

寵愛している臣下。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android