山口 将吉郎(読み)ヤマグチ ショウキチロウ

20世紀日本人名事典 「山口 将吉郎」の解説

山口 将吉郎
ヤマグチ ショウキチロウ

大正・昭和期の挿絵画家



生年
明治29(1896)年3月30日

没年
昭和47(1972)年9月12日

出生地
山形県鶴岡市

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京美術大学)日本画科卒

経歴
美術学校在学中、金鈴社の俊才結城素明の指導で帝展に初入選、その入選作の武者絵から挿絵画家としての非凡な画才を見抜かれて、「少年倶楽部」の編集長からスカウトされた。折しも人気挿絵画家で講談社のドル箱だった高畠華宵の画料問題の悶着もあり、その後釜に据えられてめきめきと売り出す。吉川英治と連載コンビを組んでからは挿絵画家のスターともなった。代表作は「江戸三国志」「神州天馬俠」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典 「山口 将吉郎」の解説

山口 将吉郎 (やまぐち しょうきちろう)

生年月日:1896年3月30日
大正時代;昭和時代の挿絵画家
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android