山本富士子(読み)やまもと ふじこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「山本富士子」の解説

山本富士子 やまもと-ふじこ

1931- 昭和後期-平成時代の女優
昭和6年12月11日生まれ。昭和25年第1回ミス日本にえらばれ,28年「花の講道館」で大映から映画デビュー。「湯島白梅」「夜の河」「日本橋」「夜の蝶」「彼岸花」などに出演。38年契約更新がこじれ,5社協定によって映画界から追放される。以後舞台春琴抄」,テレビ「にごりえ」などに出演,活躍している。大阪出身。京都府立第一高女卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「山本富士子」の意味・わかりやすい解説

山本富士子
やまもとふじこ

[生]1931.12.11. 大阪
映画・舞台女優。本名同じ。 1950年ミス日本に選出され,53年大映に入社同年『花の講道館』でデビュー。典型的日本美人としてファンを魅了したが,63年他社出演をはばむ五社協定に反旗を翻し退社。以後は舞台とテレビで活躍する。主作品『夜の河』 (56) ,『夜の蝶』 (57) ,『氷壁』 (58) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android