川島 奇北(読み)カワシマ キホク

20世紀日本人名事典 「川島 奇北」の解説

川島 奇北
カワシマ キホク

明治〜昭和期の俳人



生年
慶応2年12月11日(1867年)

没年
昭和22(1947)年9月24日

出生地
埼玉県

本名
川島 得太郎

別名
別号=一水,洲香,刀水

経歴
正岡子規の高弟で、埼玉新派俳人の草分け的存在。明治37年俳誌「浮城」を創刊同人に石島雉子郎がいた。埼玉県俳誌としては中山稲青の「アラレ」と共に知られた。郡会議員、県会議員、須賀村村長などを歴任し、また能書家であった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android