川端康成文学賞(読み)カワバタヤスナリブンガクショウ

デジタル大辞泉 「川端康成文学賞」の意味・読み・例文・類語

かわばたやすなり‐ぶんがくしょう〔かはばたやすなりブンガクシヤウ〕【川端康成文学賞】

川端康成を記念して昭和49年(1974)に創設された文学賞本人ノーベル文学賞賞金を基金とし、川端康成記念会が主催。年に1回、優れた短編小説に対して贈られる。第1回受賞作品は上林暁の「ブロンズの首」。平成31年(2019)休止、令和3年(2021)再開

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android