希薄溶液(読み)キハクヨウエキ

デジタル大辞泉 「希薄溶液」の意味・読み・例文・類語

きはく‐ようえき【希薄溶液】

溶質濃度が十分に薄い溶液理想溶液性質を示すほど希薄な溶液は理想希薄溶液とよばれ、溶質の種類によらず、蒸気圧降下沸点上昇凝固点降下などの現象が溶質のモル分率に比例し、ラウールの法則ヘンリーの法則が成り立つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「希薄溶液」の意味・わかりやすい解説

希薄溶液
きはくようえき
dilute solution

濃度が十分に薄く、諸性質が理想溶液に近い溶液。溶質間の相互作用が小さいので、たとえばファント・ホッフの浸透圧法則が成り立つ。

[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「希薄溶液」の解説

希薄溶液
キハクヨウエキ
dilute solution

溶質の濃度が十分に小さい溶液.希薄溶液論の対象となる代表的な性質として,溶液の蒸気圧降下,沸点上昇,凝固点降下,および浸透圧があり,これらの諸性質はいずれも溶質分子の濃度(モル濃度質量モル濃度,モル分率)に比例し,溶質の種類に関係しない(束一性).また,希薄溶液では気体溶解度に関するヘンリーの法則が成り立つ.希薄な電解質溶液中における化学平衡では,イオンの活量のかわりにモル濃度で代用できる場合が多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android