帝国ホテル(株)(読み)ていこくほてる

日本大百科全書(ニッポニカ) 「帝国ホテル(株)」の意味・わかりやすい解説

帝国ホテル(株)
ていこくほてる

ホテル業界の名門鹿鳴館(ろくめいかん)時代に欧米諸国との交流が盛んになるにつれ、首都に本格的ホテルの必要性が痛感され、外務大臣井上馨(かおる)の発案で、渋沢栄一大倉喜八郎を中心に1887年(明治20)設立。1890年ルネサンス式煉瓦(れんが)造、3階建、60余室の建物が完成し、開業。大正期になると来日外国人数が急増したため、アメリカ人建築家ライトの設計による鉄筋コンクリート造、地上5階、地下1階、客室数300の本館が1923年(大正12)開業した。1933年(昭和8)長野県に上高地帝国ホテルを開業し、第二次世界大戦中には東南アジア主要都市でホテルを受託経営した。

 戦後は1952年(昭和27)占領軍からの接収を解除され、営業を再開。1954年に170室の第一新館、1958年に450室の第二新館が完成し、大型化を実現した。1967年にはライト設計の本館を撤去(一部を愛知県犬山市の「明治村」に移築)、跡地に地上17階、地下3階、772室の新本館を建設、日本万国博覧会(大阪)開催目前の1970年に完成した。さらに1983年にホテル客室、オフィス街、ショッピング街、レストラン街の機能を備えた地上31階、地下1階の「インペリアルタワー」がオープンした。1996年(平成8)には帝国ホテル大阪を開業している。創立以来、外国人の利用が多く、日本を代表する高級ホテルとの名声が高い。資本金15億円(2008)、売上高575億円(2007)。

[中村青志]

『株式会社帝国ホテル編・刊『帝国ホテル百年史』(1990)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android