平均気温(読み)へいきんきおん

精選版 日本国語大辞典 「平均気温」の意味・読み・例文・類語

へいきん‐きおん ‥キヲン【平均気温】

〘名〙 ある期間における気温平均値。一日数回一定時刻に測定した気温の平均値を日平均気温、その月の日平均気温の平均値を月平均気温、その年の月平均気温の平均値を年平均気温という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「平均気温」の意味・わかりやすい解説

平均気温
へいきんきおん

ある期間、たとえば1日とか1か月の間の平均の気温。1日の場合には日平均気温、1か月の場合には月平均気温などとよぶ。日平均気温は、1~24時までの毎時刻の気温の値24個を平均する場合もあり、また3時間おきの3、6、9などの時刻の8個を平均する場合もある。さらに3、9、15、21時の4個を平均する場合もある。もっとも簡単な方法は、1日の最高と最低の気温の平均で日平均気温を代用することもある。月平均気温は、前記のいずれかの方法で求めた日平均値を1か月分加えて平均して求めたものである。気温の一日中の変化傾向からみて、以上のそれぞれの方法で求めた日平均値の間には大きな違いはないので、利用の目的に応じて使い分ければよい。細かくみれば、気温は時々刻々に変化していて、たとえば数秒間に0.5℃くらい変わることもある。通常気象観測でいつの気温などといっているのは、その時刻の前後およそ1分間の平均である。この場合も1分間の平均気温などという。

[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android