幼時(読み)ヨウジ

デジタル大辞泉 「幼時」の意味・読み・例文・類語

よう‐じ〔エウ‐〕【幼時】

おさない時。子供ころ
[類語]揺籃ようらん幼少幼弱幼年若齢若年弱小弱冠年少年若としわか年弱としよわヤング若い幼いいとけなうら若い若若しい若やか若やぐ若気ういういしいみずみずしい青臭い溌剌子供らしい青い乳臭い未熟幼稚稚気童心子供っぽい幼心おさなごころ子供心くちばしが黄色い頑是ない子供じみる大人気ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「幼時」の意味・読み・例文・類語

よう‐じエウ‥【幼時】

  1. 〘 名詞 〙 おさない時。子どものころ。
    1. [初出の実例]「予が幼時、野村先生のかたり給ひし」(出典:随筆・文会雑記(1782)附録)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android