序文(読み)じょぶん

精選版 日本国語大辞典 「序文」の意味・読み・例文・類語

じょ‐ぶん【序文】

〘名〙 書物のまえがきの文章著述趣旨成立由来などをしるしたもの。著者自分で書いた自序と、他の人が書いたものとがある。はしがき。序。
随筆配所残筆(1675)「十一歳の春、歳旦之詩を初て作り候て、道春に見せ候へば、一字改被申候て、則序文を書」 〔大唐新語‐著述〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「序文」の意味・読み・例文・類語

じょ‐ぶん【序文/叙文】

書物の初めに、著作出版の趣旨などを書き記した文章。はしがき。序。
[類語]はしがき自序前書き序言緒言序章前付け前置き前文プロローグ序詞小序序説序論緒論巻頭言イントロダクション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「序文」の読み・字形・画数・意味

【序文】じよぶん

書物のはしがき。〔大唐新語、九、著述〕開元十二年、沙門一行、游儀をり、以て玄宗む。親(みづか)ら之れが序を爲(つく)る。

字通「序」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版 「序文」の解説

序文

書物の前付に置かれる,執筆意図,執筆後の感想謝辞などを記した文章.自分で書いた序文を自序,他の人によって推薦の意を込めて書かれた序文を他序という.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の序文の言及

【跋】より

…そのほか後世につけ加えたりしたものもまとめて奥書(おくがき)という。それに対して,書物の巻頭にはしばしば序文(序,はしがきともいう)が付けられ,編著の経緯・次第のほか,その目的,謝辞などが記される。序文は書写・伝来の過程で省略されたり,はじめからなかったりするが,跋文や刊記(木記(もつき))はおおむね伝存している。…

※「序文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android