廃嫡(読み)はいちゃく

精選版 日本国語大辞典 「廃嫡」の意味・読み・例文・類語

はい‐ちゃく【廃嫡】

〘名〙 民法旧規定における法定推定家督相続人の廃除のこと。→廃除③。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉一三「帰らねば廃嫡(ハイチャク)せんなど、種々の難題を持出せしかど」 〔後漢書‐袁紹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「廃嫡」の意味・読み・例文・類語

はい‐ちゃく【廃嫡】

[名](スル)民法旧規定で、推定家督相続人の家督相続権を失わせること。→廃除はいじょ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「廃嫡」の読み・字形・画数・意味

【廃嫡】はいちやく

家を継がせぬ。

字通「廃」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の廃嫡の言及

【勘当】より

…このような場合の兄の勘当権については,これを親代りの兄が親に代わって親権を行使するものと解する説と,兄が当主たることにもとづいて行使する当主権の発動であるとみる説とが対立している。明治になって勘当の制度は廃止されたが,明治民法に見られる法定推定家督相続人の廃除(廃嫡)や戸主の居所指定権ないし離籍権は,そのなごりであるとも考えられる。【林 由紀子】。…

※「廃嫡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android