影像(読み)ようぞう

精選版 日本国語大辞典 「影像」の意味・読み・例文・類語

よう‐ぞう ヤウザウ【影像】

〘名〙 (「よう」は「影」の呉音) 仏教で、鏡にうつった影、姿の意を表わし、諸事性に自性がないことをいう。転じて、絵や彫刻に表わした神仏や人の姿かたち。えすがた。えいぞう。
今昔(1120頃か)三「唐の玄弉三蔵の天竺に渡て此の峒(ほら)に行て其影像(やうざう)を見奉て記し置給へる也と」 〔円覚経

えい‐ぞう ‥ザウ【影像】

〘名〙
絵画などにあらわした神仏や人のすがたかたち。絵姿肖像。えい。
※栄花(1028‐92頃)峰の月「御影像を書かむとて急ぎけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「影像」の意味・読み・例文・類語

えい‐ぞう〔‐ザウ〕【影像】

絵画などに表された神仏や人の姿。肖像。えい。えすがた。「祖師影像を飾る」
[類語]肖像ポートレート画像彫像塑像自画像画面実像虚像残像

よう‐ぞう〔ヤウザウ〕【影像】

絵画や彫刻に表した神仏や人の像。えすがた。えいぞう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「影像」の読み・字形・画数・意味

【影像】えいぞう

画像。

字通「影」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android