後援(読み)こうえん

精選版 日本国語大辞典 「後援」の意味・読み・例文・類語

こう‐えん ‥ヱン【後援】

〘名〙
後方にひかえているたすけの軍勢。後詰(ごづめ)援兵。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「後へに後援の兵なければ餓に迫るに至るべし」 〔新唐書‐高宗紀〕
② (━する) 背後から、物事がうまくいくようにたすけること。資金などを提供して援助すること。応援。援助。うしろだて。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉三「政治思想作用に属する選挙者は常に議員の後援と為りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「後援」の意味・読み・例文・類語

こう‐えん〔‐ヱン〕【後援】

[名](スル)
仕事計画などの後ろだてとなって、資金を提供したり便宜を図ったりして援助すること。「市が後援するスポーツ大会」
後方にひかえる援助の兵。
[類語]援助支援応援助成バックアップフォロー賛助

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「後援」の読み・字形・画数・意味

【後援】こうえん(ゑん)

援軍。後に救援する。〔三国志、呉、周瑜伝注に引く江表伝〕(けい)~(すなは)ちに在りて發せよ。孫権)、當(まさ)に續ぎて人衆を發し、多く糧を載せて、の後を爲すべし。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android