得分(読み)トクブン

デジタル大辞泉 「得分」の意味・読み・例文・類語

とく‐ぶん【得分】

もうけ。利益
ある人がもらう分。とりぶん。分けまえ。
中世荘園領主荘官地頭などが、所領から年貢として得た収益
[類語]利益儲け収益利潤利得利沢黒字実益益金利金純利純益差益利鞘マージンゲインプロフィット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「得分」の意味・わかりやすい解説

得分【とくぶん】

荘園の領主(本所領家)・荘官・地頭等が,その職(しき)(権利)に伴って得る収益。
→関連項目相馬御厨田仲荘横川関和佐荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「得分」の解説

得分
とくぶん

律令制では法的に相続権の認められている親族相続財産をさしたが,中世では荘園領主・荘官・私領主・地頭・地主など重層的に存在した土地所有者の収益をいう。社会的に認められた得分権が法的に認定されると職(しき)(権利)として定着し,さかんに売買・相続・寄進の対象となった。中世初期の私領主得分や鎌倉後期以降の地主得分(加地子(かじし))の移動は,それぞれ荘園や惣村の形成に大きな影響を与えた。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「得分」の解説

得分
とくぶん

荘園の職 (しき) に伴う収益
主として鎌倉時代,領主(本家・領家)・地頭・荘官などの職(権利)から生じる収益(主として米)をいうが,さらに作手職 (さくてしき) ・下作職 (げさくしき) などの得分もある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android