御籠(読み)おこもり

精選版 日本国語大辞典 「御籠」の意味・読み・例文・類語

お‐こもり【御籠】

〘名〙 (「お」は接頭語)
神仏に祈願するため、社寺などに宿泊すること。参籠
人情本・英対暖語(1838)五「帝釈さまへ願がけをして、毎晩水をあびて参籠(オコモリ)に行ますから」
② 懐妊すること。みごもること。
※浄瑠璃・本朝二十四孝(1766)三「人の娘下女婢(はした)当り合ひに孕まし、其のおこもりのあの小悴(こせがれ)も親に似た子の鬼子であろと」

み‐こ【御籠】

〘名〙 (「み」は接頭語) 籠の美称
万葉(8C後)一・一「籠もよ 美籠(ミこ)持ち 掘串(ふくし)もよ み掘串持ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android