徳大寺(読み)とくだいじ

精選版 日本国語大辞典 「徳大寺」の意味・読み・例文・類語

とくだい‐じ【徳大寺】

  1. [ 一 ] 東京都台東区上野四丁目にある日蓮宗の寺。山号は妙宣山。開山は日遣。聖徳太子作と伝えられる摩利支天像を安置。毎月の亥(い)の日の縁日で知られた。
  2. [ 二 ] 京都市右京区龍安寺御陵ノ下町にあった寺。宝徳二年(一四五〇跡地に龍安寺が建立された。
  3. [ 三 ] 家名。藤原北家閑院流。清華(せいが)家の一。藤原師輔の子公季から六代目の左大臣実能に始まる。平安末期、実能が[ 二 ]付近山荘を営み、徳大寺殿と呼ばれたことによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android