心理(読み)しんり

精選版 日本国語大辞典 「心理」の意味・読み・例文・類語

しん‐り【心理】

〘名〙
① 人の心の状態と、万物本体。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 心のはたらき。心の有様精神の状態。こころもち。気持
※百一新論(1874)〈西周〉下「若し心理で物理が動かされるものならば」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「人間の心理程解し難いものはない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「心理」の意味・読み・例文・類語

しん‐り【心理】

心の働きやありさま。精神の状態。「複雑な心理」「深層心理
心理学」の略。
[類語]心機神経心持ち気持ち気分心気しんき精神感情機嫌空気メンタル心的内的精神的内面的観念的心理的知能精神力メンタリティースピリチュアル知情意心神内心心情心魂内面マインドハートスピリットエスプリ精魂気迫神気気概気力意力意志気構え理念思想気風気性きしょう心性さが

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「心理」の読み・字形・画数・意味

【心理】しんり

心のはたらき。思考。〔文心雕竜、情采〕聯辭結は、將(まさ)に理をらかにせんと欲す。濫(みだり)に、辭(いつはり)ならば、則ち心理(いよいよ)翳(くら)し。

字通「心」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉プラス 「心理」の解説

心理

荒川洋治詩集。2005年刊。第13回萩原朔太郎賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android