忌み詞(読み)イミコトバ

デジタル大辞泉 「忌み詞」の意味・読み・例文・類語

いみ‐ことば【忌み詞/忌(み)言葉】

宗教的な理由から、また縁起をかついで、使うのを避ける言葉。古くは斎宮で「仏」「経」などを、民間婚礼のときに「去る」「帰る」、正月三が日に「坊主ぼうず」「ほうき」などを忌んだ。
1の代わりに使う言葉。斎宮で「寺」を「瓦葺かわらぶき」、「僧」を「髪長かみなが」、民間で「すり鉢」を「あたり鉢」、「なし」を「ありの実」という類。
[類語]禁句タブー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「忌み詞」の意味・読み・例文・類語

いみ‐ことば【忌詞・忌言葉】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 忌み慎んで言わないことば。宗教上の理由、または不吉な意味を連想させる発音によって、使うのをきらうことば。斎宮での「仏」「経」「僧」、婚礼の時の「去る」「帰る」、正月の三が日の「坊主」「箒(ほうき)」「ねずみ」などの類。
    1. [初出の実例]「それぞれに忌(イミ)こと葉(バ)のあるぞかし」(出典咄本・軽口露がはなし(1691)二)
  3. の代わりに用いることば。斎宮での「仏」を「中子(なかご)」といい、民間での「剃(そ)る」「葦(あし)」「梨(なし)」を「あたる」「よし」「ありの実」などという類。いみこと。〔延喜式(927)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android