応援(読み)おうえん

精選版 日本国語大辞典 「応援」の意味・読み・例文・類語

おう‐えん ‥ヱン【応援】

〘名〙
味方となって励まし、また、助けること。また、その者。加勢
日本外史(1827)一九「上杉謙信出兵上野、遙為応援
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「下手に取做(とりなし)を試みた日にゃあ、〈略〉小町田の身に害になるとも、毫も応援(オウヱン)にゃアならないとか」 〔心書‐撃勢〕
競技などで、拍手をし、歌をうたい、声をかけるなどして、味方やひいきの選手を元気づけること。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の花見「どこかの小学校が運動会をやってゐる。〈略〉『応援をしたくなるね』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「応援」の意味・読み・例文・類語

おう‐えん〔‐ヱン〕【応援】

[名](スル)
力を貸して助けること。また、その助け。「選挙運動応援に駆けつける」「応援演説」
競技・試合などで、声援や拍手を送って選手やチームを励ますこと。「地元チームを応援する」「応援団」
[類語]援助支援後援助成バックアップフォロー賛助助けるける手伝う手助け助力幇助ほうじょ助勢加勢助太刀すけだち力添え協力後押しり立てる力を貸す手を貸す肩を貸す犬馬の労一肌脱ぐ片肌脱ぐ肩を持つ与する補助補佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「応援」の読み・字形・画数・意味

【応援】おうえん

味方する。

字通「応」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android