念に掛ける(読み)ねんにかける

精選版 日本国語大辞典 「念に掛ける」の意味・読み・例文・類語

ねん【念】 に 掛(か)ける

心にかける。注意する。気をつける。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷一八其故、念に掛けて笑ふまいとはしながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報