思案に暮れる(読み)しあんにくれる

精選版 日本国語大辞典 「思案に暮れる」の意味・読み・例文・類語

しあん【思案】 に 暮(く)れる

どうしようかと考えあぐむ。まよって考えがまとまらない。
※詞葉新雅(1792)「シヤンニクレテ てをおしもみて おもひふくれて 思ひいりて ナドアリ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「思案に暮れる」の意味・読み・例文・類語

思案しあん・れる

迷って考えが定まらない。「就職進学か―・れる」
[類語]思い余る思案に余る思案投げ首頭を抱える頭を悩ます思いあぐねる途方に暮れる多岐亡羊五里霧中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android