悽愴・凄愴(読み)せいそう

精選版 日本国語大辞典 「悽愴・凄愴」の意味・読み・例文・類語

せい‐そう ‥サウ【悽愴・凄愴】

〘名〙 (形動タリ) ひどく悲しむこと。非常にいたましいさま。すさまじいさま。また、ものさびしいさま。
万葉(8C後)一六・三八〇四・題詞「於是娘子 感慟悽愴沈臥疾
※歌舞妓年代記(1811‐15)二「孝子悽愴(セイソウ)の意(こころ)は、春の霜を履むの謂ひにあらず」 〔礼記‐祭義〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

狐の嫁入り

1 日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと。日照り雨。2 夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯ちょうちんのように見えるもの。[類語](1)狐日和びより・天気雨・雨天・荒天・悪天・雨空・梅雨空・...

狐の嫁入りの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android