感佩(読み)かんぱい

精選版 日本国語大辞典 「感佩」の意味・読み・例文・類語

かん‐ぱい【感佩】

〘名〙 深く心に感じて忘れないこと。深くありがたいと感じて感謝すること。
参天台五台山記(1072‐73)一「法衣一件、覆膊一件、已受領訖、感佩之至、不任下懐、謹具状塵謝」
読本椿説弓張月(1807‐11)「藤市ふかく感佩(カンパイ)しその夕ぐれをまちにけり」 〔李商隠‐上尚書范陽公啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「感佩」の意味・読み・例文・類語

かん‐ぱい【感×佩】

[名](スル)心から感謝して忘れないこと。「御厚情に深く感佩いたしております」
[類語]感謝拝謝深謝万謝謝意謝恩多謝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「感佩」の読み・字形・画数・意味

【感佩】かんぱい

ありがたく思う。唐・李商隠〔尚書陽公に上(たてまつ)る啓、第三〕襟見肘哲にし、裂裳裹踵、昔人に取る無し。恩私に感佩し、喩ふるを知らず。

字通「感」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

オスプレイ

固定翼機でありながら、垂直に離着陸できるアメリカ軍の主力輸送機V-22の愛称。主翼両端についたローターとエンジン部を、水平方向から垂直方向に動かすことで、ヘリコプターのような垂直離着陸やホバリング機能...

オスプレイの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android