感通(読み)カンツウ

デジタル大辞泉 「感通」の意味・読み・例文・類語

かん‐つう【感通】

[名](スル)自分の思いなどが、相手に通じること。
わたしのこの心はポチにも自然と―していたらしい」〈二葉亭平凡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「感通」の意味・読み・例文・類語

かん‐つう【感通】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 思いや精気などが他へ通じること。
    1. [初出の実例]「是用躬親節倹。心期感通」(出典本朝文粋(1060頃)二・答諸公卿請減封祿表勅〈菅原文時〉)
    2. 「坡言は我れ黙して自愧自責るぞ。其心が張龍公に感通してあるやらう」(出典:四河入海(17C前)八)
    3. [その他の文献]〔後漢書‐章帝紀〕
  3. 知覚に感じること。また、その感じる箇所
    1. [初出の実例]「おくの感通にあたらざる故に、精めぐらずして」(出典:浮世草子・好色訓蒙図彙(1686)中)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「感通」の読み・字形・画数・意味

【感通】かんつう

感応。

字通「感」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android