慈愛(読み)じあい

精選版 日本国語大辞典 「慈愛」の意味・読み・例文・類語

じ‐あい【慈愛】

〘名〙 親が自分の子どもに対するような深い愛。また、そういう気持でやさしくいたわること。
菅家文草(900頃)三・路遇白頭翁「貞観末年元慶始、政無慈愛法多偏」
神皇正統記(1339‐43)上「上古の聖賢は、子なれども慈愛におぼれず、器にあらざれば伝ふることなし」 〔礼記楽記

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「慈愛」の意味・読み・例文・類語

じ‐あい【慈愛】

親が子供をいつくしみ、かわいがるような、深い愛情。「慈愛に満ちる」
[類語]恩愛慈悲いつくしみ愛情愛着情けじょう情合い情愛情味人情人情味温情恩情厚情思いやり仁愛仁恵仁慈仁心じんあわれみ哀憐同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「慈愛」の読み・字形・画数・意味

【慈愛】じあい

いつくしむ。〔左伝、荘二十七年〕夫(そ)れ禮樂愛は、戰の畜(たくは)ふるなり。夫れ民、事を讓り和を樂しみ、親を愛し喪を哀しみ、而る後用ふべし。(くわく)、(戦力を)畜へず。亟(しばしば)戰はば將(まさ)にゑんとす。

字通「慈」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android