戊辰戦争(読み)ぼしんせんそう

精選版 日本国語大辞典 「戊辰戦争」の意味・読み・例文・類語

ぼしん‐せんそう ‥センサウ【戊辰戦争】

慶応四年(一八六八戊辰の年に始まった討幕派と旧幕府軍との戦争。慶応四年一月三日の鳥羽伏見戦いから、明治二年(一八六九)五月一八日の箱館戦争終結までをさす。薩長討幕派の挑発によって起きた鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍は敗退。討幕軍は江戸城を無血開城によって接収。抵抗する旧幕府軍に対し、彰義隊との上野戦争、北越戦争、会津藩への総攻撃などを通じて圧倒的な勝利を収めた。品川から逃れた榎本武揚らの旧幕府海軍も箱館五稜郭降伏。これによって徳川幕藩体制が完全に解体した。戊辰の役。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「戊辰戦争」の意味・読み・例文・類語

ぼしん‐せんそう〔‐センサウ〕【戊辰戦争】

慶応4年(1868)戊辰の年1月から翌年5月にかけて、維新政府軍と旧幕府派との間で行われた内戦鳥羽・伏見の戦い上野の彰義隊の戦い会津戦争箱館戦争などの総称。戊辰の役。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「戊辰戦争」の意味・わかりやすい解説

戊辰戦争【ぼしんせんそう】

1868年1月鳥羽・伏見の戦に始まる旧幕府佐幕派諸藩軍と朝廷側の倒幕軍との内戦。小御所会議に挑発されて行動を起こした旧幕府軍と会津桑名両藩軍が鳥羽・伏見の戦で敗走すると,倒幕派は朝廷の徳川慶喜追討令を受けて東征軍を江戸に送った。慶喜は恭順の態度をとり,英国公使パークスの圧力もあって江戸総攻撃は中止されたが,江戸開城後多くの旧幕臣が脱走し関東各地で激しく抗戦。会津を中核とする東北諸藩は5月奥羽列藩同盟さらに奥羽越列藩同盟を結成して倒幕派に対抗,7月長岡落城で北越戦争に破れ,9月会津落城に及んでようやく降伏(会津戦争)。鳥羽・伏見の戦以来局外中立を宣していた諸外国も中立を解除して形勢はほぼ落着した。1869年5月五稜郭の戦で榎本武揚軍が降伏して内戦は終わった。
→関連項目秋田藩磐城平藩ウィリス王政復古(日本)大久保利通大鳥圭介大村益次郎飫肥藩和宮片岡健吉河井継之助川村純義奇兵隊桐野利秋雲井竜雄黒羽藩児玉源太郎五稜郭西園寺公望西郷隆盛相楽総三佐佐木高行佐竹氏品川弥二郎新発田藩島津忠義彰義隊白河藩新撰組仙台藩相馬藩草莽隊大政奉還棚倉藩熾仁親王東郷平八郎倒幕運動鳥尾小弥太長岡藩日本二本松藩沼田藩パークス彦根藩土方歳三平戸藩福島藩前原一誠松代藩松平容保松本良順三島通庸明治維新盛岡藩柳原前光山形藩米沢藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「戊辰戦争」の意味・わかりやすい解説

戊辰戦争
ぼしんせんそう

1868年(慶応4)1月の鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いから1869年(明治2)5月の箱館(はこだて)戦争までの戦争をいう。1868年が干支(えと)で戊辰(つちのえたつ)の年にあたるので、この呼称がつけられている。

 1867年(慶応3)12月9日の王政復古クーデターによって成立した新政府は、徳川慶喜(よしのぶ)を政権から排除し、辞官・納地を彼に要求した。新政府は、クーデターに参加した薩摩(さつま)、土佐、安芸(あき)、尾張(おわり)、越前(えちぜん)など諸藩の連合政権であり、公議政体論を支配的なイデオロギーとしていたが、政府内では当初の討幕派の優位がしだいに失われて公議政体派が優位となり、辞官・納地問題も当初の方針がしだいに緩和されていった。しかし、鳥羽・伏見の戦いにより局面は一変した。新政府軍の勝利により、近畿以西の諸侯は急速に新政府に忠誠を誓い、西日本の大商人層も新政府に協力することになった。政府内では公議政体論的権力構想は急速に衰え、討幕派の指導権が成立した。新政府は、天皇親政の名のもとに少数の専制的政治家が国家の最高意志を決定する方向に変貌(へんぼう)していった。1868年3月14日の五か条の誓文(せいもん)はこのような新政府の成立を内外に宣言するものであったし、閏(うるう)4月の政体書は誓文の精神を官制上に具体化したものであった。

 一方、鳥羽・伏見の戦いの後、江戸に帰った慶喜は、新政府に自己の恭順を訴える工作を行ったが効果なく、ついに上野寛永寺(かんえいじ)に閉居する。新政府は朝敵慶喜追討のため、大総督府の下に北陸、東海、東山三道の先鋒(せんぽう)総督府を置き、諸藩軍隊を指揮して江戸に向かわせた。草莽(そうもう)有志が結成した諸隊も東征に参加した。草莽諸隊のなかには、相楽総三(さがらそうぞう)らの赤報隊(せきほうたい)のように新政府側の策謀によって偽官軍の罪で弾圧されたものもある。江戸城総攻撃は、西郷隆盛(さいごうたかもり)、山岡鉄太郎(山岡鉄舟)の駿府(すんぷ)会談を経て、江戸での西郷・勝安芳(かつやすよし)(海舟)の会談により平和的開城が可能となる。1868年4月4日勅使が江戸城に入り、慶喜の水戸謹慎、開城、軍艦兵器の没収、重臣処分などの降伏条件を徳川方に伝達、同月11日江戸城明け渡しが行われた。しかし徳川方抗戦派将兵は江戸を脱走して関東各地で抵抗戦を行い、おりからの一揆(いっき)、打毀(うちこわし)とともに政府軍を苦境に陥れた。このなかで徳川氏処分の決着が急がれ、閏4月に三条実美(さんじょうさねとみ)は関東監察使として江戸に下り徳川氏処分内容を決定。同月29日徳川相続人を田安亀之助(たやすかめのすけ)(徳川家達(いえさと))とする旨を徳川方に伝えた。5月15日の上野戦争で彰義隊(しょうぎたい)を撃滅して関東制圧に有利な条件を獲得した新政府は、5月24日徳川亀之助を駿河(するが)府中70万石の城主とする旨を徳川方に伝達した。徳川家の駿河移封により、新政府が江戸を中心にして関東を経営し、東北地方にも支配を浸透させ、名実ともに全国に君臨する基礎が固められた。7月江戸を東京とし、10月天皇の東京行幸が実現する。

 一方、朝敵とされた会津・庄内(しょうない)両藩の降伏謝罪条件について、両藩と新政府との間の斡旋(あっせん)に尽力した仙台・米沢(よねざわ)藩などの努力も失敗し、新政府や奥羽鎮撫(ちんぶ)総督府参謀に不満・不信を抱いた東北諸藩は、5月奥羽列藩同盟を結成し、やがて北越諸藩もこれに参加して奥羽越列藩同盟となって新政府に抵抗。1868年(明治1)7月仙台藩領白石(しろいし)に公議府を設け、輪王寺宮(りんのうじのみや)を軍事総督に推戴(すいたい)し、奥羽越諸藩重臣が参加して軍事・民政・会計その他を議定、執行することになる。これは、奥羽越の地に成立した諸藩連合政権であったが、新政府軍との戦闘に敗れ、同盟諸藩は次々に降伏した。12月奥羽越諸藩の処分が決定。藩主の幽閉、謹慎、削封、転封、重臣処分、贖罪金(しょくざいきん)賦課などが行われた。また、8月に徳川方海軍を率いて脱走した榎本武揚(えのもとたけあき)らは、北海道箱館を攻略してこの地に新政権を樹立したが、69年5月五稜郭(ごりょうかく)において新政府軍に降伏し、戊辰戦争は終了する。

 戊辰戦争により、諸藩財政の極度の窮乏、藩主の藩内統制力の喪失、勤王・佐幕両派に分裂しての藩内抗争の激化、上級武士対下級武士、将校対兵士、文官対武官などの対立、領土の飛地(とびち)・入組(いりくみ)関係の矛盾の顕在化、その他が広範に現れ、藩体制の解体化は大きく促進された。領主階級の大部分は、天皇新政権への依存度を強め、判物(はんもつ)返上―再交付による藩主の権威の増大、領地再編成によりこの危機から脱出することを願った。この領主階級の願望と新政府指導者の策謀が結合し、1869年の版籍奉還(はんせきほうかん)が平和的に実現する。

 戊辰戦争により封建領主階級は決定的に弱体化し、封建制度の終焉(しゅうえん)と中央集権的統一国家樹立の機運を飛躍的に増大させた。また幕府の倒壊と新政権の誕生は、幕末以来の半植民地化の危機から日本が脱出する可能性を大きく増大させるものとなった。これらが戊辰戦争のもつ最大の意義である。

[原口 清]

『原口清著『戊辰戦争』(1963・塙書房)』『原口清著『明治前期地方政治史研究 上』(1972・塙書房)』『石井孝著『維新の内乱』(1968・至誠堂)』『佐々木克著『戊辰戦争』(中公新書)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「戊辰戦争」の意味・わかりやすい解説

戊辰戦争 (ぼしんせんそう)

王政復古によって成立した新政府が,反抗する諸藩軍や旧幕府残存勢力を武力をもって平定し,統一国家の基礎を固めることになった内乱である。戦乱は1868年(明治1)戊辰の年にあたる1月から69年5月まで1年半に及んだ。王政復古の結果,旧幕府武力討伐を唱える討幕派と,旧幕府を含めた平和的諸藩連合を構想する公議政体派が,拮抗(きつこう)しながら連合した新政府が成立した。武力討幕派は関東攪乱(かくらん)工作を行って旧幕府軍の軍事行動を挑発し,ついに1868年1月3日,大坂に集結した旧幕府軍は進撃を開始し,鳥羽・伏見を守る薩長軍と交戦したのである。数的に劣る薩長軍にとって,あらかじめ勝利を保証するものはなかったが,3日で装備や指揮系統に欠陥をもつ旧幕府軍を撃破した。ここに戊辰戦争が始まった。この鳥羽・伏見の戦に勝利を収めた新政府は,天皇の権威を確保し,以後,討幕軍は官軍として菊章旗を掲げて進軍することができた。また新政府内でも岩倉具視,大久保利通,木戸孝允らの武力討幕派が指導権を握り,西日本の大名らは形勢を見てぞくぞく入京を始め,諸外国も局外中立を宣言した。江戸へ帰った徳川慶喜は当初,反攻を計画したが,すでに新政府内の公議政体派が勢力を失っており,失地回復の手がかりがないのを見て恭順に踏み切った。かくて事実上,大勢は決したのである。2月,新政府は,大総督府,諸道総督府を設置し,有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王を大総督宮に任命し,いわゆる朝敵藩に対して,開城,藩主謹慎,勤王誓紙差出しなどを条件に降伏をいれつつ東征の軍を進めた。

 関東一帯では百姓一揆や打毀が頻発し,またイギリス公使パークスも江戸の戦乱を憂慮して新政府に圧力を加え,勝海舟と大総督府参謀西郷隆盛は,当初の新政府の方針より後退した無血江戸開城の合意に達した。かくして4月11日,江戸城は新政府軍に接収されたが,なお彰義隊は上野寛永寺に拠ってゲリラ的抗戦を続け,軍備の整わない新政府軍も,これを圧服できず,新政府の前途を危ぶむ声は内外に多かった。この江戸の不安定な情勢が東北で奥羽越列藩同盟の結成を許し,ひいては戦乱を予想外に長期化させる要因になったのである。大村益次郎が彰義隊を討伐し,新政府の権威を江戸に確立するのは,開城の1ヵ月後,5月15日のことである。

 江戸の騒乱状態が継続するうちに,慶喜に次ぐ重罪と目された会津藩の寛典を求める東北諸藩は,5月3日に奥羽列藩同盟を結び,ついで長岡藩などの北越諸藩がこれに合流し,ここに戊辰戦争は,新政府軍と奥羽越列藩同盟軍との戦乱に拡大した。とくに北越方面では,長岡藩や会津藩援軍などの同盟軍と新政府軍の一進一退の焦土戦が続き,7月29日,新政府軍の再度の長岡城接収によってようやく大勢が決した。越後口と白河口から進攻した新政府軍は,米沢藩,仙台藩などを順次降伏させ,9月15日,約1ヵ月の籠城に耐えた会津藩を攻略し,やがて盛岡藩,庄内藩も軍門に下り,東北の戦乱も終了した。激戦の続いた東北戦争では,両軍の支配地で民衆の一揆が続発し,民政局を設置した新政府も民心掌握のうえで大きな課題を負ったのである。

 東北戦争が戦われているころ,旧幕府艦隊に乗船して江戸を脱走した旧幕臣らは,10月20日,蝦夷地に到着し,箱館の五稜郭に拠って,榎本武揚を総裁とする士族共和政府の樹立と蝦夷地の統治開拓に着手した。新政府は,翌春に北征艦隊を派遣,1869年5月18日,これを攻略し,戊辰戦争は終結した。

 新政府内で戦争の大局を推進させたのは大久保や木戸らの政務官僚であり,また実戦の戦略や戦地の民政の指導は軍防事務局判事加勢の大村や山県有朋らの参謀たちによって行われ,彼らが維新政府の実権を握るのである。また両軍に参加した諸藩は,ともに長期の遠征や莫大な戦費によって疲弊し,これがやがて封建的藩割拠の体制が終了する重要な要因となった。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「戊辰戦争」の意味・わかりやすい解説

戊辰戦争
ぼしんせんそう

明治維新期,倒幕派と幕府派との間の一連の戦い。慶応4 (1868) 年 (戊辰の年) 1月3日大坂から京都へ進撃した会津藩桑名藩の兵は,鳥羽,伏見で薩摩藩長州藩を中心とする新政府軍と戦って敗れた (→鳥羽・伏見の戦い ) 。新政府は有栖川宮熾仁親王を東征大総督に任じ,大坂から江戸へ退去した旧幕府勢力を追って,徳川追討の軍を起こした。同 1868年2月薩長両藩兵を主力とする 20藩以上の諸兵が東海道,東山道,北陸道の三方に分かれて進発した。徳川慶喜は恭順の態度をとって謹慎し,駿河に迫った東征軍に対して勝海舟を通じて交渉し,助命と引き換えに江戸城の自発的開城を約束させた。こうした情勢のなかで徳川氏は静岡に移封されたが,抗戦を叫ぶ旧幕臣たちは上野にこもって輪王寺宮公現法親王 (北白川宮能久 ) を戴いて彰義隊を結成,東征軍に抗戦したが敗れ,輪王寺宮は奥羽に逃れた (彰義隊の戦い) 。一方,鳥羽・伏見の戦いで賊名を負わされた会津,桑名両藩にも追討令が出された。奥羽諸藩は会津藩の赦免を東征軍に斡旋したがいれられず,ついに5月北越諸藩をも加えた奥羽越列藩同盟を結成するにいたり,輪王寺宮を擁して官軍と対決した。しかし奥羽・北越戦争で,優秀な装備をもつ薩長を中心とする官軍は,まず北越を平定し,次いで9月会津藩を降伏させた (→会津戦争 ) 。これに先立ち,旧幕府海軍副総裁榎本武揚らは,軍艦8隻に搭乗して江戸を脱出,箱館を占拠し,武器,軍艦の引き渡しを拒んだ。官軍は,翌明治2 (1869) 年5月箱館に進撃し,箱館戦争が開かれたが,5月 18日五稜郭は開城され,榎本らは降伏して (→五稜郭の戦い ) ,戊辰戦争は終結した。この国内戦の結果,旧幕府体制は根底から崩壊し,明治絶対主義国家確立の道が開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「戊辰戦争」の解説

戊辰戦争
ぼしんせんそう

1868年(明治元)1月の鳥羽・伏見の戦から69年5月の箱館戦争までの,新政府と反新政府諸藩・旧幕府勢力との戦争。67年(慶応3)12月9日に小御所会議で決定した前将軍徳川慶喜(よしのぶ)への辞官・納地命令や討幕派の挑発行動により,68年1月3日鳥羽・伏見の戦が勃発。これに勝利した討幕派は慶喜と会津藩へ追討令を発して,東海・東山・北陸の3道から江戸に進軍した。2月慶喜は謝罪,恭順の意を表して江戸城を退去,4月11日江戸城の無血開城となったが,旧幕府主戦派は抗戦を続け,新政府は5月15日の上野戦争で彰義隊を壊滅させてようやく関東の治安を回復した。しかし8月旧幕府海軍副総裁榎本武揚(たけあき)は艦隊を率いて江戸を脱出,10月蝦夷地(えぞち)に上陸して箱館に蝦夷島政府を樹立した。新政府から会津藩追討令をうけていた東北諸藩は,会津藩への寛大な処分を求める周旋工作が失敗に終わると,5月に仙台・米沢両藩を中心に奥羽列藩同盟を結成した。これが奥羽越列藩同盟に発展して,新政府との間で東北・北越戦争が展開されたが,9月の会津戦争を最後に同盟側の敗北に終わった。68年1月に局外中立を表明していた列国も12月これを取り消し,翌年5月18日箱館戦争で榎本軍が降伏して終わった。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「戊辰戦争」の解説

戊辰戦争
ぼしんせんそう

1868(戊辰の年)〜69年にかけて行われた明治新政府と旧幕府側との内戦の総称
戊辰の役ともいう。小御所会議における徳川慶喜 (よしのぶ) に対する辞官・納地の決定に憤激した幕臣および会津・桑名の藩兵らは1868年1月,京都南部の鳥羽・伏見で薩摩・長州藩を中心とした新政府軍(官軍)と戦い敗れた(鳥羽・伏見の戦い)。つづいて新政府軍(官軍)は江戸に向かって進撃したが,徳川方は戦争を回避し,江戸城を明け渡した。旧幕臣の主戦派および東北・越後の諸藩は,彰義隊・奥羽越列藩同盟を組織して新政府軍(官軍)に抵抗,しかし,9月末までに内戦はほとんど終了した。その後,榎本武揚 (たけあき) らが箱館の五稜郭で抵抗したが,翌年鎮圧され反政府軍攻略は終了した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

防府市歴史用語集 「戊辰戦争」の解説

戊辰戦争

1868年(明治元年)の鳥羽・伏見の戦い[とば・ふしみのたたかい]から、翌年の1869年(明治2年)の五稜郭[ごりょうかく](現在の函館市)における戦いまでの、旧幕府側と新政府側との一連の戦いです。なかでも長岡藩[ながおかはん](新潟県)や会津藩[あいづはん](福島県)では藩内が戦場となり、多くの死傷者を出しました。防府の諸隊も出兵し、遠く東北や北海道にまでおもむいた兵士も少なくありません。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典(旧版)内の戊辰戦争の言及

【出羽国】より

…また近世中後期の出羽出身の人物に北羽では佐藤信淵,平田篤胤などの日本的学者があらわれ,南羽では幕末に清川八郎や雲井竜雄など維新の志士を生んだ。戊辰戦争は,結局西南雄藩の政府軍と会津・庄内を中心とする奥羽越列藩同盟の戦いとなったが,出羽諸藩の中でも北羽の秋田藩は官軍につき,庄内藩軍との間に激しい戦いを交えた。しかし米沢,山形をはじめ出羽諸藩の大部分は同盟軍となったが,政府軍の洋式軍備のもとに次々と降伏して約6ヵ月の戦いは終結した。…

※「戊辰戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android