所在地(読み)しょざいち

精選版 日本国語大辞典 「所在地」の意味・読み・例文・類語

しょざい‐ち【所在地】

〘名〙 ある人、またはその物の存在する土地
民事訴訟法(明治二三年)(1890)一四三条「受訴裁判所の所在地に住居をも事務所をも有せざる原告若くは被告は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「所在地」の意味・読み・例文・類語

しょざい‐ち【所在地】

人や物が存在する土地。「県庁所在地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android