手にする(読み)テニスル

デジタル大辞泉 「手にする」の意味・読み・例文・類語

に◦する

手に取って持つ。「本を―◦する」
自分の物にする。「欲しかった車をやっと―◦する」
[類語](1持つとる握る携える捧げる捧げ持つ/(2入手獲得取得拾得既得先取先取り手に入る手に入れる手中に収める手に落ちる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「手にする」の意味・読み・例文・類語

て【手】 に する

  1. 何かある行為をするために、自分の手で持つ。じかに手に取る。
    1. [初出の実例]「おのれが職業をも等閑に付してまた顧みざるに至り、鎚を手にせんとも鏨(たがね)を手にせんともせず」(出典:風流魔(1898)〈幸田露伴〉七)
  2. 受け取る。落手する。
    1. [初出の実例]「前触も何もなく突然斯ういふものを手にしたといふことは」(出典:家(1910‐11)〈島崎藤村〉上)
  3. 手段にする。口実にする。
    1. [初出の実例]「いささかな事を手にしてねるつもり」(出典:洒落本・通言総籬(1787)二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android