手箱(読み)てばこ

精選版 日本国語大辞典 「手箱」の意味・読み・例文・類語

て‐ばこ【手箱】

〘名〙 手まわりの小道具などを入れておく小型の箱。
源氏(1001‐14頃)夕霧「人々は、みな、いそぎたちて、おのおの、櫛・てはこ・唐櫃、よろづのものを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「手箱」の意味・読み・例文・類語

て‐ばこ【手箱】

手回りの小道具や化粧道具などを入れておく箱。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の手箱の言及

【箱】より

…これらは室内にあって装飾を兼ねた調度品の役目をもっていた。とくに平安時代において女性の座右にあり,教養と美容のための必要品を収納した箱は手箱であった。《類聚雑要抄》によると,手箱は内部に三つの懸子(かけご)を設け,数多くの小箱を納めた。…

※「手箱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android