承応(読み)ショウオウ

デジタル大辞泉 「承応」の意味・読み・例文・類語

しょうおう【承応】

《「じょうおう」とも》江戸前期、後光明天皇後西天皇の時の年号。1652年9月18日~1655年4月13日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「承応」の意味・読み・例文・類語

じょうおう【承応】

  1. ( 「しょうおう」とも ) 江戸時代、後光明天皇・後西天皇の代の年号。慶安五年(一六五二)九月一八日に改元。将軍徳川家綱の時代。承応四年(一六五五明暦(めいれき)と改元された。出典は「晉書律暦志・中」に「夏殷承運、周氏応期」とあるのによる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本の元号がわかる事典 「承応」の解説

じょうおう【承応】

日本の元号(年号)。江戸時代の1652年から1655年まで、後光明(ごこうみょう)天皇、後西(ごさい)天皇の代の元号。前元号は慶安(けいあん)。次元号は明暦(めいれき)。1652年(慶安5)9月18日改元。徳川家綱(いえつな)の第4代将軍就任の代始として改元が行われたといわれる。『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。「承応」「文嘉」「享応」「承禄」「承延」が候補としてあがり、後光明天皇がこの中から「承応」「文嘉」「享応」を選定して江戸幕府に提示し、幕府が「承応」を選んだ。1652年(承応1)には、浪人の別木庄左衛門らが増上寺で行われる崇源院(すうげんいん)(第2代将軍の徳川秀忠(ひでただ)夫人の江(ごう))の法要を利用して、幕府老中を襲撃しようとした事件が起きる(承応の変)。密告により関係者は捕縛されたが、背景には、当時増加する浪人の不満があった。1654年(承応3)に後光明天皇が痘瘡(とうそう)で崩御したが、皇太子(後の霊元(れいげん)天皇)が生後間もないため、中継ぎとして後西天皇が即位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

普及版 字通 「承応」の読み・字形・画数・意味

【承応】しようおう

お召しを待つ。

字通「承」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android