抄訳・鈔訳(読み)しょうやく

精選版 日本国語大辞典 「抄訳・鈔訳」の意味・読み・例文・類語

しょう‐やく セウ‥【抄訳・鈔訳】

〘名〙 原文一部分省略して翻訳すること。また、その訳文。⇔完訳全訳。〔布令必用新撰字引(1869)〕
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉一「以上『ブランド』氏の韻府より抄訳

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android