採択(読み)さいたく

精選版 日本国語大辞典 「採択」の意味・読み・例文・類語

さい‐たく【採択】

〘名〙 いくつかの中から選んで採り上げること。
※凌雲集(814)序「豈臣等能所議乎。而殊被詔旨、敢以採択」
真空地帯(1952)〈野間宏〉四「更に国王決議案を採択しない場合には」 〔後漢書‐班固伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「採択」の意味・読み・例文・類語

さい‐たく【採択】

[名](スル)いくつかあるものの中から選んで取り上げること。「動議採択された」
[類語]採用採る取り上げる雇用雇う雇い入れる抱える召し抱える召し使う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「採択」の読み・字形・画数・意味

【採択】さいたく

えらびとる。〔三国志、呉主伝〕(も)し小臣の中、用すべきらば(なん)ぞ人を以て言を廢して擇せざることを得んや。

字通「採」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android