支持(読み)しじ

精選版 日本国語大辞典 「支持」の意味・読み・例文・類語

し‐じ ‥ヂ【支持】

〘名〙
① ささえること。持ちささえること。また、ささえつづけること。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「此滑車は用力方向を転移するに自在なる用にて、之を梁柱竿頭に施し、以て支持の力を託し」
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「今より若干年を支持すべき船たる定見を著るの一助となるべし」 〔春秋左伝注‐桓公五年〕
主義主張政策などに賛同して、そのあと押しをすること。
※彼日氏教授論(1876)〈ファン=カステール訳〉八「褒賞報賜の方法を以て善として、支峙する人は皆勧説して曰く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「支持」の意味・読み・例文・類語

し‐じ〔‐ヂ〕【支持】

[名](スル)
ささえもつこと。ささえてもちこたえること。「倒れかかる相手のからだを両手支持する」
ある意見・主張などに賛成して、その後押しをすること。「民衆支持を失う」「政府見解支持する」
[類語]賛成同意賛同付和雷同矮人わいじん観場かんじょう雷同便乗聴従適従追随追従驥尾きびに付す下手に出る後塵を拝する人のふんどしで相撲を取る尻馬に乗る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「支持」の読み・字形・画数・意味

【支持】しじ(ぢ)

ささえ助ける。漢・劉向戦国策の序〕の子・晉の叔向(しゆくしやう)・齊の晏嬰(あんえい)の如き、君を挾(さしはさ)みてを輔け、以て中國に竝立し、ほ義を以て相ひ持し、~誓以て相ひ救ふ。

字通「支」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

咽頭結膜熱

アデノウイルスの感染により、発熱、のどのはれと痛み、結膜炎の症状を呈する伝染性の病気。感染症予防法の5類感染症の一。学童がプールで感染して集団発生するのでプール熱ともいう。...

咽頭結膜熱の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android