改版(読み)かいはん

精選版 日本国語大辞典 「改版」の意味・読み・例文・類語

かい‐はん【改版】

〘名〙 版木を彫り直したり、活字を組み直したりして、出版物原版を改めること。出版物の内容に手を加え、版を新しくして出すこと。また、その出版物。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石一一「多々羅三平の件を悉く削除しては、全巻を改板(カイハン)する事になるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「改版」の意味・読み・例文・類語

かい‐はん【改版】

[名](スル)
印刷物の原版を新しく作りなおすこと。
書物などの内容を訂正し、印刷・発行しなおすこと。また、その出版物。
[補説]もともとは、木版印刷で版木を彫りなおす意に用いられた。その場合、「板」の文字を用いることが多い。
[類語]重版増刷増刊復刊再刊再版復刻翻刻影印初版絶版新版旧版バージョン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android