政界(読み)せいかい

精選版 日本国語大辞典 「政界」の意味・読み・例文・類語

せい‐かい【政界】

〘名〙 政治家または政治に関与する者の社会。政治に関する方面政海
舞姫(1890)〈森鴎外〉「昔しの法令絛目の枯葉紙上に掻寄せしとは殊にて、今は活溌々たる政界の運動、文学美術に係る新現象の批評など」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「政界」の意味・読み・例文・類語

せい‐かい【政界】

政治にたずさわる者の社会。政治家の世界
[類語]官界財界学界法曹界角界球界芸能界花柳界楽界劇界業界

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android