有機体(読み)ゆうきたい

精選版 日本国語大辞典 「有機体」の意味・読み・例文・類語

ゆうき‐たい イウキ‥【有機体】

〘名〙
有機物からなり、生活機能をもつ組織体。生物体を他の物質系から区別していう語。〔附音挿図英和字彙(1873)〕
多くの構成メンバー、構成要素からなり、それらが互いに関連し依存しあうことで成り立っている組織。
将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉九「それ国家人民を以て組織したる一大有機体なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「有機体」の意味・読み・例文・類語

ゆうき‐たい〔イウキ‐〕【有機体】

生活機能をもち、有機物からなる組織体。生物のこと。
[類語]生き物動物生類しょうるい有情うじょう衆生しゅじょう生きとし生けるもの生物・有情物・動植物微生物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android