末端(読み)マッタン

デジタル大辞泉 「末端」の意味・読み・例文・類語

まっ‐たん【末端】

物のはし部分。「枝の末端
組織などの中央から最も遠い部分。「意図末端にまで徹底させる」
[類語]先端突端あたま先っぽヘッドはしはな突先とっさき突端とっぱな一端いったん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「末端」の意味・読み・例文・類語

まっ‐たん【末端】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 物のはし。さき。
    1. [初出の実例]「恐ろしさが私の髪の毛の末端迄来た時ですら」(出典:こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下)
  3. 組織などの、中枢からもっとも遠い部分。下部。〔生物学語彙(1884)〕
  4. 転じて、些細(ささい)なこと。つまらないこと。
    1. [初出の実例]「曹洞の始祖としての自信と権威との挙示とみられないこともない。然しそれは末端のことである」(出典:道元(1955)〈唐木順三〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「末端」の読み・字形・画数・意味

【末端】まつたん

はし。

字通「末」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android