本牧本郷村(読み)ほんもくほんごうむら

日本歴史地名大系 「本牧本郷村」の解説

本牧本郷村
ほんもくほんごうむら

[現在地名]中区本牧ほんもく町一―四丁目・小港こみなと町一―三丁目・本郷ほんごう町一―三丁目・本牧ほんもく荒井あらい大里おおさと町・三之谷さんのたに十二天じゆうにてん満坂まんざかみどりおかもと町・和田わだ〉・間門まかど町一―二丁目

東から南にかけて海に面し、西は根岸ねぎし村、北は北方きたかた村に接する。本牧の海のことを「内海か浦」とよぶという(風土記稿)

永正九年(一五一二)一二月六日、北条早雲・氏綱父子は、平子房長に対し「本目四ケ村」についての制札を下している(「宗瑞・伊勢氏綱連署制札写」県史三)。天文一九年(一五五〇)四月一日、北条氏の諸郷公事赦免により「五百貫文 武州久良岐郡本牧郷」は役銭二〇貫文を、六月・一〇月の両度に納入することが命ぜられている。廻陣夫(夫銭八貫文)・陣夫・大普請・玉縄城米銭は免除されていない(「北条家朱印状写」同書)。天正四年(一五七六)七月二日、本牧郷の住民は年貢の半済を訴え、北条氏政の意向により、その代りとして本牧より木佐良津きさらづ(現千葉県木更津市)までの渡海が許された(「北条氏繁判物」同書)

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

今日のキーワード

激甚災害

地震や風雨などによる著しい災害のうち、被災地域や被災者に助成や財政援助を特に必要とするもの。激甚災害法(1962年成立)に基づいて政令で指定される。全国規模で災害そのものを指定する「激甚災害指定基準に...

激甚災害の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android