朮餠・白朮餠(読み)おけらもち

精選版 日本国語大辞典 「朮餠・白朮餠」の意味・読み・例文・類語

おけら‐もち をけら‥【朮餠・白朮餠】

〘名〙 (近世京都五条天神社で、節分の夜、参詣人悪病を除くまじないとして、陰干しにしたオケラと白い餠を受ける習俗があったところから) 節分の夜に供える白い円餠。うけらもち。おけらもちい。
仮名草子・悔草(1647)下「五条の天神へ。節分に諸人の参て。朮餠(オケラモチ)受用(うけもちゆ)事は。えやみを除く。其遺法と也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android