村松友視(読み)ムラマツトモミ

デジタル大辞泉 「村松友視」の意味・読み・例文・類語

むらまつ‐ともみ【村松友視】

[1940~ ]小説家東京の生まれ。梢風の孫。編集者を経て執筆活動に入る。プロレス芸能人テーマにした独特な語り口小説文壇新風を吹き込む。「時代屋の女房」で直木賞受賞。他に「鎌倉のおばさん」、エッセー私、プロレスの味方です」「アブサン物語」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「村松友視」の意味・わかりやすい解説

村松友視【むらまつともみ】

小説家。東京生れ。祖父は小説家村松梢風。慶応大学卒。中央公論社で《小説中央公論》《婦人公論》,文芸雑誌《海》の編集に携わり,そのかたわら《私,プロレスの味方です》(1980年)を執筆,流行作家となる。同社退社後,小説《セミ・ファイナル》《泪橋》を発表,《時代屋女房》(1982年)で第87回直木賞を受賞。他に短編集《巷のシェイクスピア》《カミュ客人》などの著作がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「村松友視」の解説

村松友視 むらまつ-ともみ

1940- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和15年4月10日生まれ。村松梢風の孫。昭和38年中央公論社にはいり,雑誌編集者をつとめる。55年エッセイ集「私,プロレスの味方です」で注目され,56年退社。57年都会人の哀歓をえがいた「時代屋の女房」で直木賞。平成9年「鎌倉のおばさん」で泉鏡花文学賞。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 「村松友視」の解説

村松 友視 (むらまつ ともみ)

生年月日:1940年4月10日
昭和時代;平成時代の小説家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android