杜光庭(読み)とこうてい

日本大百科全書(ニッポニカ) 「杜光庭」の意味・わかりやすい解説

杜光庭
とこうてい
(850―933)

中国、唐末・五代の道士。字(あざな)は賓聖(ひんせい)、号は東瀛子(とうえいし)。長安の人、もしくは処州の人。最初、科挙の九経(きゅうけい)の試験を受けたが合格せず、のち天台山に入って道士応夷節(おういせつ)に学んだ。881年(中和1)に僖宗(きそう)(在位873~888)に従って蜀(しょく)の成都に行き、同地にとどまって前蜀の王建(おうけん)(在位907~918)・王衍(おうえん)父子に仕え、官は戸部侍郎(こぶじろう)に至り、広成先生、伝真大師の号を受けた。唐末・五代の道教界を代表する碩学(せきがく)で、散逸していた道蔵の収集、編纂(へんさん)に尽力した。玄宗注を基にして在来の『老子』注を取捨選択しつつ自説を展開した『道徳真経広聖義』のほか、『道門科範大全集』『太上黄籙斎儀(たいじょうこうろくさいぎ)』『広成集』など多数の著がある。

砂山 稔 2018年5月21日]

『今枝二郎著『杜光庭小考』(『吉岡博士還暦記念道教研究論集』所収・1977・国書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版 「杜光庭」の意味・わかりやすい解説

とこうてい【杜光庭 Dù Guāng tíng】

850‐933?
中国,唐末の道士。字は賓聖。縉雲(浙江省)の人,あるいは長安(陝西省)の人ともいう。若くして群書に通じ,咸通年間(860‐874)に科挙に応じたが失敗し,道教の一大中心の天台山に入って道士となり,応夷節に師事した。僖宗が黄巣の乱で都を脱出して入蜀した際に扈従(こしよう)し,そのまま蜀にとどまって,前蜀王建に敬重された。のち隠退して成都西北の青城山に住し,道書の収集と整理に努めた。唐代までの道教教理学の大成者で,《道徳真経広聖義》《道教霊験記》《歴代崇道記》《広成集》など著述は多く,かなりのものが《正統道蔵》に収録されて今に伝わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「杜光庭」の意味・わかりやすい解説

杜光庭
とこうてい
Du Guang-ting

[生]大中4(850)
[没]長興4(933)
中国,晩唐~五代の道士,文学者。処州 (浙江省麗水県) の人。字,聖賓。唐末の乱を避けて蜀に仕え,晩年は山中にこもった。道家としての著が多いほか,伝奇小説『きゅう髯 (きゅうぜん) 客伝』,伝奇小説集『録異記』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android