枝葉(読み)えだは

精選版 日本国語大辞典 「枝葉」の意味・読み・例文・類語

えだ‐は【枝葉】

〘名〙
① 草や木の枝と葉。しよう。
※新撰六帖(1244頃)六「しらかしの枝はをしなみ雪降れどなれたる山は道もまよはず〈藤原光俊〉」
物事の重要でない部分本筋中心からはずれた、よけいなところ。末節。しよう。
※夜の寝覚(1045‐68頃)四「殿の思(おぼ)いたるさまなど、ある事もえだはをつけ、なき事をもつきづきしう」
本家から分かれた者、または主人に仕える者。親族子孫家来従者
歌舞伎絵本合法衢(1810)六幕「与五郎とやらを誘(おび)き寄せ、彼奴(あいつ)高橋が枝葉(エダハ)の奴」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「枝葉」の意味・読み・例文・類語

えだ‐は【枝葉】

枝と葉。
本筋や中心から離れた重要でない部分。末節。しよう。「話が枝葉に及ぶ」
[類語](1木の葉草葉葉っぱ押し葉葉身葉脈葉柄葉末托葉単葉複葉葉序双葉若葉若緑新緑万緑青葉紅葉こうよう紅葉もみじ黄葉照り葉落ち葉落葉枯れ葉朽ち葉病葉わくらば松葉小枝若枝わかえ若枝わかえだ・痩せ枝・枯れ枝・徒長枝・万朶粗朶枝振り枝変わり/(2些細瑣末枝葉末節末梢的些事細事小事細かい細細こまごましい煩瑣はんさ瑣瑣ささたる区区くくたるちょっとした取るに足りないたわいない何でもない愚にもつかぬ益体も無いらちも無い高が知れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「枝葉」の読み・字形・画数・意味

【枝葉】しよう(えふ)

えだは。末。〔史記、陳渉世家、少孫論〕夫(そ)れ先王は、仁義を以て本(もと)と爲し、而して固塞(こそく)法を以て枝と爲す。豈に然らずや。

字通「枝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版 「枝葉」の解説

枝葉 (シバ)

植物山野に自生する雑木または雑草の称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

咽頭結膜熱

アデノウイルスの感染により、発熱、のどのはれと痛み、結膜炎の症状を呈する伝染性の病気。感染症予防法の5類感染症の一。学童がプールで感染して集団発生するのでプール熱ともいう。...

咽頭結膜熱の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android