格付機関(読み)カクヅケキカン

デジタル大辞泉 「格付機関」の意味・読み・例文・類語

かくづけ‐きかん〔‐キクワン〕【格付(け)機関】

格付け会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「格付機関」の意味・わかりやすい解説

格付機関
かくづけきかん
credit rating agency

債券元利金支払いの確実性の度合いを一定の記号を用いて公示(格付)する機関。大別すると,最高ランクの AAA(トリプルA)から最低ランクの D(シングルD)まで分かれ,A+(シングルAプラス),A(シングルAフラット),A-(シングルAマイナス)というように各ランクのなかでさらに細かく評定されている。一般に BBB(トリプルB)以上が優良,安定という評価であり,BB(ダブルB)以下の場合には,信用力が劣る,不安定という評価となる。格付制度もともとアメリカ合衆国で発達した。日本では 1985年から証券取引法上の格付会社制度が導入され,世界の 3大格付機関とされるスタンダード・アンド・プアーズ,ムーディーズフィッチ各社のほか,日本格付研究所,日本インベスターズサービス,日本公社債研究所の 3機関が適格格付会社となった。2006年以降,欧米で深刻化した金融危機のなかで,金融派生商品に対する格付の信憑性への疑念が高まり,格付機関に対する規制が強化された。日本でも 2009年の金融商品取引法改正によって,適格格付制度に代わって信用格付業者制度が導入され,登録制のもとで誠実義務情報開示義務などが課された。2012年現在の登録信用格付業者は,スタンダード・アンド・プアーズ,ムーディーズ,フィッチ,格付投資情報センター(日本インベスターズサービスと日本公社債研究所が前身),日本格付研究所の 5社。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「格付機関」の意味・わかりやすい解説

格付け機関【かくづけきかん】

債券発行体の財務内容・収益性担保有無を総合的に判断し,発行体の信用度を格付けrating)して表示する民間機関。適債基準のない米国では,ムーディーズ社(1903年創立),スタンダード・アンド・プアーズ社(S&Pと略称。1916年格付けに着手),フィッチ社などが有名。近年は米国以外の諸国でも一般的になっている。日本には,日本格付研究所(JCR),日本格付投資情報センター(R&I)の2社がある。→格付け会社
→関連項目ジャンク・ボンド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「格付機関」の解説

格付け機関

債券の格付けを行なうことを業務とする機関。格付け会社ともいう。格付け機関は債券の発行者からの依頼を受け、格付けをスタートする。そして、アナリストのチームを編成し、発行会社の経営陣とのミーティングを行ない、格付けを決定する。格付けは「AAA」や「BB+」など、アルファベットおよびプラス、マイナスで表現することが多い。日本では金融庁が格付け業務を独占する、格付け機関を指定している。2006年現在、ムーディーズ、S&P、フィッチレーティングス、R&I(格付け投資情報センター)、日本格付研究所が指定された格付け機関である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android