榊原(読み)サカキバラ

デジタル大辞泉 「榊原」の意味・読み・例文・類語

さかきばら【榊原】

姓氏の一。
[補説]「榊原」姓の人物
榊原篁洲さかきばらこうしゅう
榊原仟さかきばらしげる
榊原紫峰さかきばらしほう
榊原康政さかきばらやすまさ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「榊原」の意味・読み・例文・類語

さかきばら【榊原】

  1. 姓氏の一つ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「榊原」の意味・わかりやすい解説

榊原[温泉] (さかきばら)

三重県津市,青山高原東麓の貝石かいせき)山の断層崖下にある温泉。弱アルカリ性単純硫化水素泉,35℃。かつての七栗(ななくり)郷の地で,歌枕として知られ,《枕草子》にもみえる七栗の湯はこの温泉であるとの説もある。室生赤目青山国定公園の一中心で,榊原自然歩道,青山高原有料道路(1984年無料開放)もあり,近鉄大阪線榊原温泉口駅からバスの便がある。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android