権高・見高(読み)けんだか

精選版 日本国語大辞典 「権高・見高」の意味・読み・例文・類語

けん‐だか【権高・見高】

〘名〙 (形動) (「けんたか」とも) 気位が高い様子。傲岸な態度をとること。また、そのさま。
島津家文書‐(文祿三年(1594)七月)・島津氏分国検地奉行起請文前書案「百姓并奉公人にたいし、不謂狼籍・けんたかに仕まじき事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android