橋梁(読み)キョウリョウ

デジタル大辞泉 「橋梁」の意味・読み・例文・類語

きょう‐りょう〔ケウリヤウ〕【橋×梁】

河川渓谷運河などの上に架け渡し、道路鉄道などを通す構築物。橋。
[類語]ブリッジ丸木橋八つ橋釣り橋反り橋太鼓橋跳ね橋桟橋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「橋梁」の意味・読み・例文・類語

きょう‐りょうケウリャウ【橋梁】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「橋」「梁」ともに、橋の意 ) 交通の便をはかるため、川、運河、鉄道線路、道路などの上にかけ渡す構築物。かけはし。橋。
    1. [初出の実例]「兵士衣粮空欲断、橋梁材木更難求」(出典本朝無題詩(1162‐64頃)五・秋日即事〈藤原敦光〉)
    2. [その他の文献]〔史記‐倉公伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「橋梁」の読み・字形・画数・意味

【橋梁】きようりよう(けうりやう)

はし。魏・武帝〔苦寒行〕楽府 水深くして橋梁え 中路、正(まさ)に徘徊す

字通「橋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「橋梁」の意味・わかりやすい解説

橋梁 (きょうりょう)

(はし)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「橋梁」の意味・わかりやすい解説

橋梁【きょうりょう】

(はし)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「橋梁」の意味・わかりやすい解説

橋梁
きょうりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「橋梁」の意味・わかりやすい解説

橋梁
きょうりょう

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の橋梁の言及

【橋】より

…川,谷,湖沼,海峡あるいは他の交通路の上を横切って下の空間を閉じることなくつくられた,道路,鉄道,水路などの交通路あるいは輸送路を支持する構造物の総称。土木工学上の専門用語では橋梁(きようりよう)ともいう。交通路の下に空間を有し,橋と同じ目的をもつが,ひとまたぎする長さ(支間あるいはスパンという)がとくに小さく,土被り(どかぶり)(上部の土)などの荷重も支えるように設計された構造物はカルバートculvert(溝渠)と称する。…

※「橋梁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android