機序(読み)きじょ

精選版 日本国語大辞典 「機序」の意味・読み・例文・類語

き‐じょ【機序】

〘名〙 しくみ。メカニズム
血液科学(1944)〈沼野井春雄〉二「寒天ゼラチン、或ひは原形質の熱に依る凝固は〈略〉血液凝固とはその機序が全然異なってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「機序」の意味・読み・例文・類語

き‐じょ【機序】

しくみ。機構。メカニズム。
[類語]構造造り組み立て骨組み仕組み成り立ち構成編成組成組織機構機制体制体系結構コンストラクションシステムメカニズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android