歌人(読み)ウタビト

デジタル大辞泉 「歌人」の意味・読み・例文・類語

うた‐びと【歌人】

和歌を作る人。歌詠み。かじん。
一般に、詩人
実務には役に立たざる―と我を見る人に金借りにけり」〈啄木一握の砂
歌をじょうずに歌う人。歌い手
「―と我を召すらめや」〈・三八八六〉
雅楽寮での舞楽のとき、歌をうたうことを役目とする人。

か‐じん【歌人】

和歌を詠む人。また、それを職業とする人。歌詠み。
[類語]歌詠み歌仙歌聖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「歌人」の意味・読み・例文・類語

うた‐びと【歌人】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 歌を巧みにうたう人。うたうたい。歌い手。
    1. [初出の実例]「倡優(わざひと)等に祿を賜ふこと差有り。亦歌人(うたびと)等に袍袴(きぬばかま)を賜ふ」(出典日本書紀(720)朱鳥元年一月)
  3. 雅楽寮(ががくりょう)に属して国風の歌をうたうことに従事した人。〔令義解(718)〕
  4. 和歌を巧みに作る人。かじん。歌詠み。
    1. [初出の実例]「三条太政大臣家にて哥人めし集めてあまたの題よませ侍りけるに」(出典:拾遺和歌集(1005‐07頃か)雑秋・一〇九七・詞書)
  5. 詩人。
    1. [初出の実例]「誰が作をや弾かん、どの詩人(ウタビト)のを」(出典:蓬莱曲(1891)〈北村透谷〉二)

か‐じん【歌人】

  1. 〘 名詞 〙 和歌を作ることを職業または専門とする人。和歌を作ることにたくみな人。うたよみ。うたびと
    1. [初出の実例]「平家はもとより代々の歌人才人達で候也」(出典:平家物語(13C前)一〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「歌人」の読み・字形・画数・意味

【歌人】かじん

歌い手。

字通「歌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報