氏長者(読み)うじのちょうじゃ

百科事典マイペディア 「氏長者」の意味・わかりやすい解説

氏長者【うじのちょうじゃ】

の長(おさ),氏族の統率者。(りょう)の前の氏上(うじのかみ),養老令の氏宗(しそう)に由来するが,8世紀末の《続日本紀(しょくにほんぎ)》などに〈氏長〉とみえ,平安期には氏長者とするのが一般的になった。本来は氏中で最高の官位にある者が氏長者となるのが原則であるが,特定の官職と結びついた例もある。氏神の祭祀,氏人(うじびと)の叙爵(じょしゃく)の推挙,氏の共通の財産や,氏寺・氏社(うじのやしろ),氏の大学別曹(だいがくべっそう)などの管理といった権限があった。当初は諸氏に置かれていたが,《職原抄》には王氏・源氏藤原氏橘氏があげられるのみとなっている。藤原氏の場合は長者の交替に際して,氏長印・朱器(しゅき)台盤および氏長の所領である荘牧渡文(しょうぼくわたしぶみ)などが渡されたが,摂政(せっしょう)または関白(かんぱく)の兼掌であったため,その任命と同時に朝廷の宣旨(せんじ)によって補任(ぶにん)するのが定制であった。
→関連項目公家領楠葉牧吹田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「氏長者」の意味・わかりやすい解説

氏長者 (うじのちょうじゃ)

平安時代以降の貴族社会における氏族の統率者。令前および大宝令の〈氏上(うじのかみ)〉,養老令の〈氏宗〉に由来するが,《続日本紀》以下奈良時代の文献に〈氏長〉の語が見え,平安時代に入ると,〈氏長者〉の称が一般的になるとともに,その性格も変化していった。元来,氏中官位第一の者を充てるのを原則としたが,のち藤原氏では摂政ないし関白の兼摂となり,小槻氏では官務(太政官の史の最上首)の兼帯となったように,特定の官職と結びついた例もある。氏神の祭祀をはじめ,氏社・氏寺の管理,氏院(藤原氏の勧学院,橘氏の学館院などの大学別曹)の管理,氏爵(うじのしやく)(諸氏より毎年1人ずつ五位に叙する)の推挙などを主要な権限とする。上記の藤原氏,小槻氏のほか,源氏,橘氏,伴氏,高階氏,菅原氏,三善氏,和気氏などにも氏長者が存したが,その様態は必ずしも一様ではない。ことに平安中期以降,宮廷貴族の過半を占めるに至った藤原氏の氏長者は,政治上,社会上重要な地位を占め,保元の乱を契機として,摂政ないし関白の任命と同時に,朝廷の宣旨をもって補任するのが定制となった。この藤原氏長者は,荘牧渡文,長者印,朱器台盤を受け伝えたが,平安末期の激動する政局のなかで,古来の伝統的な渡領(渡文所載の鹿田荘以下4ヵ所)のほかに,摂籙渡荘(勧学院領,法成寺領,東北院領,平等院領より成る)が成立し,両者あわせた膨大な所領の管理権を伝領した。また巨大化した藤原氏は多くの分流を派生したが,その分流ごとに,一門の始祖の建立した寺院を氏寺と称し,氏長者を定めて結束する現象も現れた。山科勧修寺を氏寺とする勧修寺流諸家はその顕著な例であるが,日野法界寺を氏寺とする日野流諸家,東山善勝寺を氏寺とする四条流諸家などもその例である。なお氏爵の推挙権を他氏の有力者にゆだね,これを氏長者とは別に,是定(ぜじよう)とよぶことも行われた。藤原氏が橘氏是定になったのがその例である。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「氏長者」の意味・わかりやすい解説

氏長者
うじのちょうじゃ

氏族の統率者、首長。奈良時代以前に氏上(うじのかみ)、氏宗(うじのそう)とよばれたもの。これが、平安時代以降、氏長者となった。王氏、源氏、藤原氏、橘(たちばな)氏をはじめ、伴(とも)、高階(たかしな)、和気(わけ)、菅原(すがわら)、中臣(なかとみ)、忌部(いんべ)、越智(おち)氏などにもみられ、氏のなかの官位の第一の者がなり、氏神の祭祀(さいし)、氏社の管理、氏の大学の別曹の管理、氏爵(うじのしゃく)の推挙などを行った。源氏は嵯峨(さが)源氏に、藤原氏は鎌足(かまたり)、不比等(ふひと)、あるいは基経(もとつね)に始まるといわれている。平安後期には、藤原氏の長者と摂政(せっしょう)、関白(かんぱく)が同一人になる場合も多く、平安時代の実例としては忠平(ただひら)より忠通(ただみち)までみられる。長者の宣旨(せんじ)によって公認され、朱器台盤(しゅきだいばん)、長者印、殿下渡領(でんかのわたりりょう)を受け伝えた。室町時代にはあまりみられなくなり、藤原氏の摂関村上源氏久我(こが)家がその職を受けていたが、さらに足利義満(あしかがよしみつ)のとき将軍兼職となり徳川氏へと続き幕末に至った。

[山中 裕]

『竹内理三著『律令制と貴族政権 第Ⅱ部』(1958・御茶の水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「氏長者」の解説

氏長者
うじのちょうじゃ

平安時代の氏の統率者。令制の氏上(うじのかみ)・氏宗の系譜をひき,氏人(うじびと)を率いて朝廷に仕えた。氏長者の称の初見は799年(延暦18)。氏人の範囲を確定して本系帳を提出するほか,氏社の祭,大学別曹の管理,氏爵(うじのしゃく)の推挙などを行い,藤氏長者は氏印(長者印)と朱器台盤を伝えた。氏中で官位第一の者がなるのが原則とされる。本来はすべての氏にあったのであろうが,「職原抄」は「凡そ氏長者と称するは,王氏・源氏・藤氏・橘氏この号あり」とし,他に史料上では(大)伴・中臣(なかとみ)・忌部(いんべ)・卜部(うらべ)・高階(たかしな)・和気・菅原などの例が知られるだけである。橘氏の長者の権能は,橘氏衰微ののちは縁戚関係のある有力公卿が是定(ぜじょう)として行使した。藤氏長者・源氏長者の称は明治初年に廃されるまで続いた。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「氏長者」の意味・わかりやすい解説

氏長者
うじのちょうじゃ

氏の首長。古くは氏長,氏上といったが,平安時代以後氏長者といった。初めは宗家として同族を率い,朝廷に仕える者の呼称であったが,のち長者の宣旨を賜わって氏の長者を称するようになった。職掌は氏人の上申書への加署,氏の祭祠,氏学校の経営など,その氏に関するすべてを管轄し,氏人に対して大きな権限をもった。各氏に氏長者があったであろうが,文献にみえるのは 10氏余で,なかでも藤原,源,橘,菅原氏の長者が名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「氏長者」の解説

氏長者
うじのちょうじゃ

平安時代以後の氏の首長
奈良時代以前の氏上に相当する。氏の代表者として,共有財産や氏神・氏寺などの管理,祭祀,氏人の官位の推挙などの権限をもち,天皇からその地位を認められた。中世以後は名誉的な称号となり,藤原氏の摂関,源氏の征夷大将軍となる者だけを称するようになった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の氏長者の言及

【氏上】より

…そのほか,氏上は氏の共有財産である氏賤を管理し,氏人をひきい氏神の祭祀を行った。平安時代に氏上は氏長者(うじのちようじや)とよばれ,中でも藤原氏の氏長者はもっとも有名である。氏人【平野 邦雄】。…

【長者宣】より

…平安時代以降の文書様式の一つ。氏長者(うじのちようじや)宣旨の略。(1)氏長者の口頭命令またはその内容,(2)氏長者の仰(おおせ)を奉ったものが認める宣旨形式の文書,(3)氏長者の仰を奉ったものが認める奉書形式の文書。…

※「氏長者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android