水草(読み)みずくさ

精選版 日本国語大辞典 「水草」の意味・読み・例文・類語

みず‐くさ みづ‥【水草】

〘名〙
① 水と草。すいそう
源氏(1001‐14頃)若菜上「水草きよき山のすゑにてつとめ侍らむとてなむまかりいりぬる」
水中または水辺に生える草。みくさ。すいそう。
▼みずくさの花《季・夏》
落窪(10C後)一「かき絶えてやみやしなましつらさのみいとどます田の池のみづくさ」
④ 植物「はす(蓮)」の異名。

すい‐そう ‥サウ【水草】

〘名〙
① 水と草。川と草花
※艸山集(1674)二三・山居得腐字八首「病来事事総無為、水草清処伴牧豎」 〔墨子‐非楽上〕
淡水中またはその水辺に生える草。海草に対していう。みくさ。みずくさ。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「険悪道の、はるかにたえて毒獣おほく、またまた水草(スイサウ)(〈注〉ミツクサ)なく」 〔礼記‐祭統〕

み‐くさ【水草】

〘名〙 水中や水辺に生える草。みずくさ。
▼みくさ生う《季・春》
万葉(8C後)三・三七八「いにしへの古き堤は年深み池のなぎさに水草(みくさ)生ひにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「水草」の意味・読み・例文・類語

みず‐くさ〔みづ‐〕【水草】

水中や水面に生える草。すいそう。みくさ。
[類語]草本千草春草若草夏草秋草冬草枯れ草干し草蔓草浮き草牧草薬草ハーブ野草庭草雑草下草下生え山草

み‐くさ【水草】

みずくさ」に同じ。
いにしへの古き堤は年深み池のなぎさに―生ひにけり」〈・三七八〉

すい‐そう〔‐サウ〕【水草】

淡水中またはその水辺に生える草。みずくさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「水草」の読み・字形・画数・意味

【水草】すいそう(さう)

みずくさ。また、水と草。〔史記、匈奴伝〕北蠻に居り、~水うて徙し、郭常處、田の業無し。然れども亦た各り。

字通「水」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

百科事典マイペディア 「水草」の意味・わかりやすい解説

水草【すいそう】

〈みずくさ〉,水生植物とも。水中に生育する植物の総称抽水(ちゅうすい)植物ヨシガマなど,茎の下部や根を水につけ岸近くで生育するもの),浮葉植物(ヒシ,トチカガミなど,水深1〜2mに生え葉を水面に浮かべるもの),沈水植物クロモエビモなど,2〜10m付近で体全体を水につけているもの),ウキクサなどの浮水植物,藻類植物プランクトンなどをすべて含む。一般に栄養塩類などは水中に溶存するものを体表面から吸収する。また根の発達は悪く,通気組織はよく発達しているものが多い。さまざまな生理・生態的特徴から,水草は陸上生活から水中生活にまい戻った植物と考えられる。

水草【みずくさ】

水草(すいそう)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 「水草」の意味・わかりやすい解説

すいそう【水草 water plant】

水生植物のことで〈みずくさ〉ともいう。植物体全体が水中にあり,根が水底についているクロモ,エビモなどの沈水植物と,ジュンサイ,ヒルムシロなどの水面に浮かぶ葉をもつ浮葉植物floating‐leaved plant,ガマ,ハスなどの葉や茎が水面上にでる抽水植物emergent plant(挺水植物ともいう),根が水底につかず,植物体全体が水面や水面下で浮遊するウキクサ,タヌキモなどの浮水植物floating plantからなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「水草」の意味・わかりやすい解説

水草
みずくさ
water plant

水中に生える植物の総称。ただし藻類とは区別して,維管束植物のうち水生となって淡水に生えているものをさすのが通例である。タヌキモ,マツモ,スイレン,セキショウモ,ウキクサなどは種子植物の例,サンショウモなどはシダ植物の例。これらの場合,モ (藻) という名がついていても,緑藻類ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版 「水草」の解説

水草 (ミズグサ)

植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物。ハスの別称

水草 (ミズクサ)

植物。ガマ科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物。ガマの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の水草の言及

【水草】より

…淡水産の高等植物に限る場合と,アマモなどの海水産の高等植物や大型藻類まで含める場合がある。 水草の生活の場となる水界は,植物に必要な水はもちろん,栄養塩類やガス類が溶存状態で存在し,温度変化は小さい。このように植物の生育に好適な一方,水は光を吸収し,水中では深くなると暗くなる。…

※「水草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android